テコンドーについて知る

スピードとパワーを兼ね備えた華麗な足技で、格闘技界の注目を集めているテコンドー。
テコンドーとは現代科学を基礎にした近代的なスポーツであると同時に、精神面を重んじる武道でもあります。
簡単に言うと、武器を持たず、素手で敵の攻撃から身を守る武術であり、
正当防衛の為、磨かれた精神と鍛えた手や足をはじめ、身体の全ての部分を科学的に活用する方法と技の集大成であります。

もう少し詳しく言うと、テコンドーは空手や朝鮮の古武術、他の様々な武術の長所を取り込み、

「人間の持ち得る力を最大限に利用するにはどうすればいいか」

という考えを科学的に研究し、1955年に故 崔泓煕(チェ・ホンヒ)総裁により創始されました。

崔泓煕(チェ・ホンヒ)総裁
ハングル表記
漢字表記

老若男女を問わず学びやすい確かな技術と、精神性が受け入れられ世界各国に普及ました。 世界165カ国4000万人に親しまれています。

現在はITF(テコンドーの元祖、武道性を重んじる)とITFより派生しオリンピック競技となったWT(よりスポーツ性に特化)という大きく二つの流派がありますが、私たちは崔泓煕(チェ・ホンヒ)総裁の創始された源流であるITFに所属しています。

テコンドーは漢字で「跆拳道」と表し、それぞれ次のような意味があります。


足を用いた跳ぶ・蹴る・踏む動作


手を用いた突く・砕く・叩く動作


正義感・強靭性・謙虚さ・決断力を養成する精神修養

まとめると、武器を持たず護身のため足で跳び、蹴り、突き、防ぎ、避ける等の動作を、動く目標に対しすばやく、そして適切に用いて、最大のダメージを与える技術と精神修養を含めた武道であります。
テコンドーは身体的・技術的にも優れていますが、それを学ぶ上で大切にする精神がとても魅力的です。

テコンドー精神

世界共通、テコンドーを学ぶ上での全ての基盤。地図のようなもの。
迷った時は、テコンドー精神に立ち返って方向修正。全ての答えはここにある。
テコンドーに限らず、人生の指針としても十分通用する。

テコンドー5つの魅力

①キックがかっこいい!

なんといってもテコンドーの魅力は華麗なキック!
多彩な蹴りの応酬はテコンドーの醍醐味!

② とってもカンタン!誰でも強くなれる!

根性論はいりません。
誰でも100%の力を出せるようにと科学的に考えられた確かな理論がテコンドーにはあります。
段階的に整備された上達できるカリキュラム。気が付いたら強くなっています。

健康にいい!

鋭く切るように吐く呼吸法が基本。それを筋肉の収縮と同時に何度も行います。
細胞まで酸素供給量が増幅し新陳代謝。
ストレスは吹っ飛び、からだ全体の筋肉が強くしなやかなに。
俊敏性に優れたスタイリッシュな身体を作ります。
お肌ツヤツヤ。腰痛持ちの方や喘息の子も治ります。

心が綺麗になる。

技を研く過程では、自分を見つめ直す謙虚心が上達の秘訣。
テコンドー精神に立ち返り考える。
この動作はこれでいいのか?さっきの態度、発言はどうだった?自問自答の繰り返し。
自分を客観視できる姿勢が自然に身に付き、気が付くと人に対しての接し方も変わっています。

道衣がかっこいい!

テコンドーの道衣は、数ある武道の中でもかなりおしゃれ。
背中のデザインはグローバルな武道であることを象徴していますね。♪

中でも有段者になると上着の裾に黒いラインが入ります!
あなたがこれを着てハイキックしている姿を是非想像してください。 かっこいい~~~!!!☆

テコンドーの昇級課題

テコンドーでは、各レベルに応じて級・段制度が設けられています。
審査は、技術だけではなく、人格、忍耐力、勇気、誠実さ等の精神面が正しく評価され、段位及び級位が決められます。

テコンドーの競技

トゥル(型)

マッソギ(組手)

スペシャルテクニック

パワーブレイキング

団体トゥル

団体マッソギ

セルフディフェンス(チームルーティン)